(経営学者)佐藤 耕紀 のブログ

経営学の紹介 & Coffee Break(写真、紀行、音楽など)

地中海クルーズ紀行(19) バレッタ(マルタ)

週末のCofee Breakです。

 

「Wuestenwinds beach」と呼ばれる海岸線。

f:id:Management_Study:20220408183635j:plain

 

「セント・エルモ防波堤」が見えてきます。

f:id:Management_Study:20220408184106j:plain

 

防波堤を抜けて、外洋へ。

f:id:Management_Study:20220408184209j:plain

 

いよいよ、マルタを離れます。

去りゆくタグボートに「Thank you!」と叫ぶ乗客。

遠ざかる島影。

f:id:Management_Study:20220408184506j:plain

 

やがて、海上の夕焼け。

f:id:Management_Study:20220408190228j:plain

 

そして、朝焼け。

f:id:Management_Study:20220408190312j:plain

 

船は最後の寄港地、バルセロナへ向かいます。

 

**********

2022年発売の!!

すらすら読めて、よくわかる

f:id:Management_Study:20220112215132j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

**********

2021年発売、好評増刷中!!

思考力を鍛える、ビジネス教養

f:id:Management_Study:20210713192102j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

「ネーミング」と「差別化」:「ZUU online」での著書紹介 第3弾(2)

    経済金融メディア「ZUU online」さまの連載記事で、拙著『今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「マーケティング」』の内容が紹介されています。

    第2回は、「ネーミング」や「差別化」について。

    よろしければぜひ、ご一読ください。

 

zuuonline.com

 

**********

2022年発売の!!

すらすら読めて、よくわかる

f:id:Management_Study:20220112215132j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

**********

2021年発売、好評増刷中!!

思考力を鍛える、ビジネス教養

f:id:Management_Study:20210713192102j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

地中海クルーズ紀行(18) バレッタ(マルタ)

週末のCofee Breakです。

 

アッパー・バラッカ・ガーデンから、南東を見た眺め。

f:id:Management_Study:20220401223419j:plain

 

左手前が「聖アンジェロ要塞」、右奥は「ビルグ・ウォーターフロント」。

f:id:Management_Study:20220401223519j:plain

 

南西には、乗ってきたMSC「スプレンディダ」。

こうして見ると、巨大です。

f:id:Management_Study:20220401223705j:plain

 

バレッタウォーターフロント」にもどって、船室のバルコニーから。

f:id:Management_Study:20220401223937j:plain

 

出航は18:00でしたが、地中海の陽光がマルタ・ストーンを照らします。

中央に見える高台は「アッパー・バラッカ・ガーデン」。

その左にあるエレベーターは、海岸へ降りる「バラッカ・リフト」。

f:id:Management_Study:20220401224040j:plain

 

「クワリー・ワーフ」と呼ばれる海岸線。

左端が「アッパー・バラッカ・ガーデン」、右端が「ロウワー・バラッカ・ガーデン」です。

手前に見えるのは、タグボート

こんな小さな船が巨大なクルーズ船を動かすのは、ちょっと不思議です。

f:id:Management_Study:20220401225202j:plain

 

**********

2022年発売の!!

すらすら読めて、よくわかる

f:id:Management_Study:20220112215132j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

**********

2021年発売、好評増刷中!!

思考力を鍛える、ビジネス教養

f:id:Management_Study:20210713192102j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

「SWOT分析」と「ターゲティング」:「ZUU online」での著書紹介 第3弾(1)

    経済金融メディア「ZUU online」さまの連載記事で、拙著『今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「マーケティング」』の内容が紹介されています。

    第1回は、「SWOT分析」「商品志向と市場志向」「ターゲティング」などについて。

    よろしければぜひ、ご一読ください。

 

zuuonline.com

 

**********

2022年発売の!!

すらすら読めて、よくわかる

f:id:Management_Study:20220112215132j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

**********

2021年発売、好評増刷中!!

思考力を鍛える、ビジネス教養

f:id:Management_Study:20210713192102j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

地中海クルーズ紀行(17) バレッタ(マルタ)

週末のCofee Breakです。

 

ヴァレッタウォーターフロント」と呼ばれるフェリー・ターミナルから、世界遺産の旧市街へ。

ヴァレッタの中心部は、半径300mほど。

1日あれば、そこそこ見てまわれます。

 

まずは「聖ヨハネ大聖堂」へ。

街の名前になったヴァレッタをはじめ、名だたる騎士たちがこの地下に眠っています。

金、銀、大理石の絢爛豪華な装飾。

f:id:Management_Study:20220325200858j:plain

f:id:Management_Study:20220325200911j:plain

 

そこから50mほど東には「聖ヨハネ難破記念教会」があります。

はちみつ色のマルタ・ストーン。

扉の上には、フェラーリによく似た「聖ヨハネ騎士団」の紋章。

f:id:Management_Study:20220325201622j:plain

f:id:Management_Study:20220325201632j:plain

 

「ロウワー・バラッカ・ガーデン」から、北東を見た眺め。

左が「セント・エルモ防波堤」、右が「リカソーリ東防波堤」。

f:id:Management_Study:20220325201917j:plain


振り返って南西を見ると「ヴァレッタウォーターフロント」。

奥に見えるクルーズ船が、私の乗ってきたMSC「スプレンディダ」。

手前はコスタ・クルーズの「メディタラニア」です。

f:id:Management_Study:20220325202206j:plain

 

**********

2022年発売の!!

すらすら読めて、よくわかる

f:id:Management_Study:20220112215132j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

**********

2021年発売、好評増刷中!!

思考力を鍛える、ビジネス教養

f:id:Management_Study:20210713192102j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

地中海クルーズ紀行(16) パレルモ(シチリア島) ~ バレッタ(マルタ)

週末のCofee Breakです。

 

シチリアは、古代ギリシャ都市国家シラクサがあったという歴史の古い島です。

科学者アルキメデスは紀元前200年代に、生涯をシラクサで過ごしました。

現在はイタリア・シチリア州の州都になっているパレルモは、古代フェニキア人が築いたそうです。 

9世紀にはイスラム、11世紀にはノルマン人に支配され、これらの時代の建造物群が世界遺産に登録されています。 

 

シチリアを離れ、4つめの寄港地は、マルタ島の城塞都市ヴァレッタ。 

ヴァレッタ」の名前は、16世紀にオスマン帝国の猛攻をしのいだ聖ヨハネ騎士団の総長、ヴァレットに由来するといいます

 

 いかにも海上の要塞という景観が現れます。 

「マルタ・ストーン」と呼ばれる、はちみつ色の石灰岩の島。

f:id:Management_Study:20220318224428j:plain

 

マルタ騎士団がつくったという「リカソーリ要塞」の西側にある防波堤。

灯台をすり抜けて、古代フェニキアの時代からつかわれたという自然の良港、グランド・ハーバーに入ります。

f:id:Management_Study:20220318224703j:plain

 

左に見えるのが聖アンジェロ要塞、その奥にはビルグ・ウォーターフロント

f:id:Management_Study:20220318231118j:plain

 

ヴァレッタウォーターフロントに着岸して、船のバルコニーから。

いよいよ、上陸です。

f:id:Management_Study:20220318231924j:plain

 

**********

2022年発売の!!

すらすら読めて、よくわかる

f:id:Management_Study:20220112215132j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

**********

2021年発売、好評増刷中!!

思考力を鍛える、ビジネス教養

f:id:Management_Study:20210713192102j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

下町のナポレオン?:比喩・類推

新著『今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「マーケティング」』の内容を紹介する9回目。

今回は「ポジショニング」のお話です。

**********

    1-14 ~ 1-17で「ポジショニング」の話をしました。
    差別化やポジショニングには「客観的な実態」と「主観的なイメージ」という2つの側面があります。ここでは、イメージ戦略としてのポジショニングを考えましょう。


    ポジショニングでよくつかわれる手法に、あるポジションへイメージを寄せる(近づける)「比喩」(metaphor)や「類推」(analogy)、あるポジションとの違いを鮮明にする「対比」(contrast)などがあります。


    たとえば、世界中に「小ヴェニス」(Little Venice、Petite Venise)と名づけられた場所があります。私が実際に訪れたところでは、ドイツのバンベルクや、フランスのコルマールに、そうした地名がありました。
    「小ヴェニス」の景観が本物のヴェニスヴェネツィア)に似ているかといえば、あまり似ていないと思います。
    ヴェネツィアにあるのは、建物に囲まれた海水の運河です。趣のある風景ですが、緑や自然はありません。バンベルクコルマールの「小ヴェニス」は川沿いの瀟洒な景観で、緑も豊かです。それぞれの地域で、建物の様式も違います。

 

ヴェネツィアの風景

f:id:Management_Study:20220314205342j:plain

 

バンベルクの「小ヴェニス

f:id:Management_Study:20220314205443j:plain

 

コルマールの「小ヴェニス

f:id:Management_Study:20220314210338j:plain


    ヴェネツィアは「水辺の美しい街」として、世界のトップ・ブランドでしょう。実際に似ているかどうかは別として、「小ヴェニス」を名乗れば「ヴェネツィアのように美しい場所」「水辺の絶景」をイメージさせることができます。実際の景色を見せなくても「すばらしい場所」「訪れる価値のある場所」だと、わかりやすく伝えられるのです。


    このように、「すでに卓越したイメージをもつ商品のポジションへ近づける」「イメージを借用する」というのが「比喩」「類推」です。
    「東洋の魔女」(1960年代の女子バレーボール日本代表)、「コンピューター付きブルドーザー」(田中角栄さん)、「下町のナポレオン」(むぎ焼酎「いいちこ」)のように比喩をつかったネーミングは、短い言葉で覚えやすく、忘れがたい印象を残します。

 

    3-12 で、日清「カレーメシ」のリブランディング( rebranding、ブランドの再構築)を手がけた佐藤可士和さんの話を紹介しました。
    佐藤さんは「商品名にカレーライスと入れると、お店のカレーライスと比較されてしまうので、カレーメシという新しいポジションをつくった」と説明していました。
    カレーライスとの類比を避けるためにネーミングを変えて、ポジションを遠ざけたわけです。

 

f:id:Management_Study:20220314205115j:plain

**********

2022年発売の!!

すらすら読めて、よくわかる

f:id:Management_Study:20220112215132j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

**********

2021年発売、好評増刷中!!

思考力を鍛える、ビジネス教養

f:id:Management_Study:20210713192102j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る