(経営学者)佐藤 耕紀 のブログ

経営学の紹介 & Coffee Break(写真、紀行、音楽など)

ライフハック(5) 創造的な仕事がはかどるのはいつ?

(前回から続く)

 

外山滋比古さんが言うように、「三上」や「三中」では、脳がリラックスして、余裕のあることが多いでしょう。

そういうとき、私たちの脳は「気になっていること」を考え、アイデアが出るのでしょう。

「時間をおく」「無意識にまかせる」という思考方法もあるのです。

 

欧陽修は、文章がうまくなる秘訣には「三多」をあげたそうです。
これは「看(かん)多(た)」(本をたくさん読む)、「做(さ)多(た)」(たくさん書く)、「商量(しょうりょう)多(た)」(よく工夫し、推敲する)です。 
「経験を積む」「場数を踏む」ということですが、これはあらゆる学習の基本なのでしょう。

 

私の場合、アイデアが出やすく、創造的な仕事がはかどるのは(昼寝の後も含め)起きてすぐの時間帯です。

起床の直後はさすがにボーっとしますが、そのまま書きかけの原稿を眺めていると、やがて「フロー」(これについては次回、書きます)に入り、いつの間にか仕事が進んでいることがよくあります。

だから、起きたらトイレと水分補給だけすませて、できるだけ早く仕事にとりかかります。


睡眠の後は、身体も脳も疲れがとれて、リフレッシュした状態です。複雑な思考をするのは、そういうときがよいのでしょう。
疲れてきたら、単純作業をしたり、食事、ハミガキ、シャワーなど、気分転換にもなる日常のルーティーンをはさむようにしています。

 

**********

2022年10月発売の最新!!

知的な好奇心を、かきたてる

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

**********

2022年発売、好評増刷中!!

すらすら読めて、よくわかる

f:id:Management_Study:20220112215132j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

**********

2021年発売、好評増刷中!!

思考力を鍛える、ビジネス教養

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る