(経営学者)佐藤 耕紀 のブログ

経営学の紹介 & Coffee Break(写真、紀行、音楽など)

アジア旅行・夏(8) 香港

週末のCofee Breakです。

重慶大厦」からネイザン・ロードを南へ100mほど歩くと、『深夜特急』にも出てくる「ペニンシュラ・ホテル」があります。

写真奥の高層ビルは1994年に増築された新館だと思いますが、手前の建物は、沢木さんが訪れた頃からあったはずです。

 

沢木さんは『深夜特急』で、次のように書いています。

 

    ネイザン・ロードを歩いていると、微かに潮の香りがしてきた。海が近いらしい。しばらく行くと、右手にその界隈には珍しい重厚な造りの建物が見えてきた。正面に廻って眺めると、それはどうやらホテルらしく、玄関口にはロールスロイスが何台も停まり、ポーターたちが大きなトランクやバッグを懸命に運び出していた。建物の壁にさりげなく名が出ている。
《THE PENINSULA》
    これが有名なペニンシュラ・ホテルなのか、と私は嬉しくなった。イギリス王室の定宿というばかりでなく、世界の知名人を顧客として持っており、たとえばピーター・オトゥールが『ロード・ジム』を撮るため香港を訪れた際に泊まったのがペニンシュラだった、などという文章をどこかで読んだ記憶があった。

沢木耕太郎著『深夜特急1 香港・マカオ【増補新版】』新潮社、2020年、第二章 黄金宮殿香港)

 

ペニンシュラから「梳士巴利道」を西へ5分ほど歩くと、「スター・フェリー」の乗り場があります。

その少し手前にある、「尖沙咀鐘楼」。

かつて「九広鉄路」の終点だった「尖沙咀駅」の名残として、保存されたものだそうです。

深夜特急』では、沢木さんが九広鉄路に乗り、中国との国境まで出かける場面があります。

 

**********

2022年10月発売の最新!!

知的な好奇心を、かきたてる

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

**********

2022年発売、好評増刷中!!

すらすら読めて、よくわかる

f:id:Management_Study:20220112215132j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

**********

2021年発売、好評増刷中!!

思考力を鍛える、ビジネス教養

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る