(経営学者)佐藤 耕紀 のブログ

経営学の紹介 & Coffee Break(写真、紀行、音楽など)

ライフハック(4) アイデアが出るとき

イデアというか、「気になっていたこと」「考えていたこと」の解決策をパッと思いつくことがあります。

 

外山滋比古さんの『思考の整理学』(筑摩書房、1983年、II「寝させる」)に書いてあったのですが、むかし中国の欧陽修という人は、「三上」でアイデアが浮かぶことが多いと言ったそうです。
「三上」というのは、「馬上」(馬の上)、「枕上」(枕の上)、「厠上」(「しじょう」、トイレの上)です。

 

たしかに私も、交通機関での移動中や、クルマの運転中(馬上)、ちょっと眠れなくて、あるいは布団から出たくなくて、横になって思いをめぐらすとき(枕上)、トイレに座っているとき(厠上)に、アイデアがよく出ます。
今ではたいていスマートフォンを持っているので、すぐにメモ・アプリを起動して、メモをとることができます。

 

外山さんは、「三中」もアイデアが出やすいと言います(『思考の整理学』V「三上・三中」)。
これは「無我夢中」「散歩中」「入浴中」です。
「散歩中」や「入浴中」にアイデアが出やすいのも、多くの人が実感しているのではないでしょうか。

 

外山さんは、次のように書いています。

 

ものを考えるには、ほかにすることもなく、ぼんやり、あるいは、是が非でもと、力んでいてはよくない、というのが三上の考えによっても暗示される。
いくらか拘束されている必要がある。ほかのことをしようにもできない。しかも、いましていることは、とくに心をわずらわすほどのこともない。心は遊んでいる。こういう状態が創造的思考にもっとも適しているのであろう。

(『思考の整理学』V「三上・三中」)

 

**********

2022年発売の!!

すらすら読めて、よくわかる

f:id:Management_Study:20220112215132j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

**********

2021年発売、好評増刷中!!

思考力を鍛える、ビジネス教養

f:id:Management_Study:20210713192102j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る