(経営学者)佐藤 耕紀 のブログ

経営学の紹介 & Coffee Break(写真、紀行、音楽など)

著者として本を出す方法は?(4)本を売るにはどうすればよい?

    マーケティングで「露出」(exposure、人目にふれる)や「認知」(awareness、知ってもらう)という言葉があります。


    どんなによい本でも、誰の目にもふれず、誰も知らなければ、1冊も売れないでしょう。存在を知ってもらい、興味をもってもらってはじめて、購入の検討対象になるのです。
    ですから本を売るには、書店に置いてもらったり、広告を出したり、まずは「露出」や「認知」を増やすことが大切です。できるだけ多くの書店の、少しでも目立つ場所に置いてもらい、多くの人の目にふれるようにするのです。
    Amazonのようなネット書店で売るにしても、誰かが見る場所に表示されなければ、存在しないのも同然になってしまうでしょう。

 

二子玉川 蔦屋家電」さま、2022年1月30日

 

    (リアルでもネットでも)書店としては、限られた陳列スペースで売上を最大化したいわけですから、よい場所には売れる本を置きたいはずです。そうすると「売れそうな本」「売れる本」はますます売れるようになり、そうでない本は棚から撤去されることになります。

    著名人の本は、メディアにとりあげられることも多く、注目されてよい場所に並びますから、最初から有利な立場にあるといえます。無名の著者は、少しずつ実績を積み重ねて、読者や書店の信頼を勝ちとっていくしかないのでしょう。

 

    次回は、本のマーケティングについて、もう少し具体的に書こうと思います。

 

**********

2022年10月発売の最新!!

知的な好奇心を、かきたてる

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

**********

2022年発売、好評増刷中!!

すらすら読めて、よくわかる

f:id:Management_Study:20220112215132j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

**********

2021年発売、好評増刷中!!

思考力を鍛える、ビジネス教養

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る