(経営学者)佐藤 耕紀 のブログ

経営学の紹介 & Coffee Break(写真、紀行、音楽など)

「Zoom」は どうやって利益を出す?:広告モデル、フリーミアム

新著『今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「マーケティング」』の内容を紹介する7回目。

今回は「広告モデル」と「フリーミアム」のお話です。

**********

    2つめは「無料で商品やサービスを提供し、広告から収入を得る」というビジネス・モデルです。
    これは以前から、テレビやラジオで行われてきた手法です。
    (民放の)テレビ番組は視聴者に無料で提供されますが、ときどきCMが入ります。このCMから入る広告収入が、テレビ局の主な収入源なのです。
    たとえば「トヨタ」がCM枠を買って、クルマのCMを流す代わりに、テレビ局へ広告費を支払います。トヨタとしては、払った広告費よりも大きな販売効果が得られればよいのです(図21)。

    近 年 は「Google」「YouTube」「Facebook」「Instagram」「Twitter」「LINE」など、このビジネス・モデルで成功するネット企業が目立ちます。


    3つめは「フリーミアム」(freemium)と呼ばれるものです。「基本的なサービスを無料で提供し、一部の有料会員から収入を得る」というビジネス・モデルです。これは無料の商品を含めた「バージョニング」(4-8)だと考えられます。
    たとえばオンライン会議の「Zoom」は、(この本の執筆時点では)「最大40分のグループ・ミーティング」「無制限の1対1ミーティング」といった基本サービスを無料で提供しています。
    しかし「無制限のグループ・ミーティング」「最大1000名の参加者」といった機能をつかうには、有料会員にならなければなりません(図22)。

 

    基本サービスを無料で提供することで、誰でも気軽にアカウントをつくって、サービスを試してもらうことができます。ユーザー数が増えると「ネットワーク効果」で利便性も高くなります。そうして「先行者優位」を築き、お客を囲い込むのです(4-5)。

 

    一定の確率で、無料会員から有料会員へ移行するユーザーが現れます。
    無料会員が増えれば、有料会員も増えるのです。

 

f:id:Management_Study:20220221224051j:plain

 

**********

2022年10月発売の最新!!

知的な好奇心を、かきたてる

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

**********

2022年発売、好評増刷中!!

すらすら読めて、よくわかる

f:id:Management_Study:20220112215132j:plain

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る

**********

2021年発売、好評増刷中!!

思考力を鍛える、ビジネス教養

アマゾンで見る

楽天ブックスで見る