(経営学者)佐藤 耕紀 のブログ

経営学の紹介 & Coffee Break(写真、紀行、音楽など)

経営学

「6種類」と「24種類」のジャム、どちらが売れる?:わかりやすさ、決定麻痺

新著『今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「マーケティング」』、内容紹介の3回目です。 今回は「わかりやすさ」と「決定麻痺」のお話です。 ********** 「慣れ親しみ」は「わかりやすさ」にもつながります。 「わかりやすさ」は、「脳にとって…

「謎の選択肢」のねらいは?:おとり効果

新著『今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「マーケティング」』、内容紹介の2回目です。 今回は「おとり効果」についてのお話です。 ********** 行動経済学者のアリエリー(Dan Ariely)はあるとき、イギリスの「エコノミスト」という週刊誌が…

「ゼロ・サム・ゲーム」を やめて棲み分ける: ポジショニング、ニッチ

1/21(金)に、新著『今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「マーケティング」』が発売になります。 9回にわたって、内容の一部を紹介していきます。 今回は「ポジショニング」と「ニッチ」についてのお話です。 ********** 「STP」のP、「ポジシ…

「 「叱る」と「褒める」、どっちがいい?」:「ZUU online」での著書紹介 第2弾(5)

経済金融メディア「ZUU online」さまの連載記事で、拙著『今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「経営学」』の内容が紹介されています。 第2弾の5回目は、「 「叱る」と「褒める」、どっちがいい? 」(拙著7-6)というテーマです。 「平均への回帰」という…

「 モチベーションは高すぎてもダメ?」:「ZUU online」での著書紹介 第2弾(4)

経済金融メディア「ZUU online」さまの連載記事で、拙著『今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「経営学」』の内容が紹介されています。 第2弾の4回目は、「 モチベーションは高すぎてもダメ?」(拙著7-5)というタイトルです。 「モチベーション」につい…

「なぜ、ルイ・ヴィトンはセールをやらない?」:「ZUU online」での著書紹介 第2弾(3)

経済金融メディア「ZUU online」さまの連載記事で、拙著『今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「経営学」』の内容が紹介されています。 第2弾の3回目は、「 なぜ、ルイ・ヴィトンはセールをやらない?」(拙著5-8)というタイトルです。 「価格競争」につ…

「会社の利益」と「自分の利益」、どっちが大事?:「ZUU online」での著書紹介 第2弾(2)

経済金融メディア「ZUU online」さまの連載記事で、拙著『今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「経営学」』の内容が紹介されています。 第2弾の2回目は、「 「会社の利益」と「自分の利益」、どっちが大事?」(拙著2-8)というタイトルです。 「インセン…

「なぜ、ダイエーは衰退した?」「苦痛は喜びの2倍?」 :「ZUU online」での著書紹介 第2弾(1)

経済金融メディア「ZUU online」さまの連載記事で、拙著『今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「経営学」』の内容が紹介されています。 第2弾の1回目は、「なぜ、ダイエーは衰退した?」(拙著2-5)と「苦痛は喜びの2倍?」(拙著2-6)という2つのトピック…

経営学の名著を読む バーナード『経営者の役割』(1)

Chester Irving Barnard, The Functions of the Executive, Harvard University Press, 1938, 1968 (30th anniversary ed.). チェスター・バーナード(Chester I. Barnard)は、「経営学の父」と呼ばれています。 ちなみに「経済学の父」と呼ばれるのは、『…

経営学の名著を読む ファヨール(10)

H・ファヨール著、佐々木恒男訳『産業ならびに一般の管理』(未来社、1972年)。 ***** 管理の要素の5つめ、「統制」については、次のように書かれています。(p.183-186) (5) 統制 ● 統制とは、すべてのことが採用された計画・与えられた命令・承認…

経営学の名著を読む ファヨール(9)

H・ファヨール著、佐々木恒男訳『産業ならびに一般の管理』(未来社、1972年)。 ***** 管理の要素の4つめ、「調整」については、次のように書かれています。(p.177-181) (4)調整 ● 調整とは、企業の活動と成功を容易ならしめるように、企業のすべ…

経営学の名著を読む ファヨール(8)

H・ファヨール著、佐々木恒男訳『産業ならびに一般の管理』(未来社、1972年)。 ***** 管理の要素の3つめ、「命令」については、次のように書かれています。(p.166-167) (3)命令 ● 社会体が構成されれば、問題はそれを機能させることである。これ…

経営学の名著を読む ファヨール(7)

H・ファヨール著、佐々木恒男訳『産業ならびに一般の管理』(未来社、1972年)。 ***** 管理の要素の2つめ、「組織」については、次のように書かれています。(p.97-127) ここに出てくる「責任者は一般に四人あるいは五人以上の直接の部下を持たない」…

経営学の名著を読む ファヨール(6)

H・ファヨール著、佐々木恒男訳『産業ならびに一般の管理』(未来社、1972年)。 ***** ファヨールは、「管理」が「予測」「組織」「命令」「調整」「統制」の5つの要素からなると言います。(p.21) 管理とは、予測し、組織し、命令し、調整し、統制す…

経営学の名著を読む ファヨール(5)

H・ファヨール著、佐々木恒男訳『産業ならびに一般の管理』(未来社、1972年)。 ***** 今回は「14の管理原則」のうち、(11)~(14)を紹介します(p.70~73)。 (11)公正の原則 ● 従業員がその職務の遂行において、進んで事に当ろうとする熱意と、…

経営学の名著を読む ファヨール(4)

H・ファヨール著、佐々木恒男訳『産業ならびに一般の管理』(未来社、1972年)。 ***** 今回は「14の管理原則」のうち、(8)~(10)を紹介します(p.53~69)。 ファヨールがすでにヒエラルキーの欠点をよく認識していて、分権化についても言及してい…

経営学の名著を読む ファヨール(3)

H・ファヨール著、佐々木恒男訳『産業ならびに一般の管理』(未来社、1972年)。 ***** 今回は「14の管理原則」のうち、(4)~(7)を紹介します。(p.49~53) とくに(4)の「命令一元性の原則」(unity of command、命令の統一)は、ヒエラルキーを…

経営学の名著を読む ファヨール(2)

H・ファヨール著、佐々木恒男訳『産業ならびに一般の管理』(未来社、1972年)。 ***** 今回は「14の管理原則」のうち、(1)~(3)を紹介します。(p.43~48) (1)分業の原則 ● 分業は同一の努力でより多くの、より良いものを生み出すようになるこ…

経営学の名著を読む ファヨール(1)

H・ファヨール著、佐々木恒男訳『産業ならびに一般の管理』(未来社、1972年)。 ***** 「経営学の名著を読む」と題して、経営学の古典的な名著を紹介していこうと思います。 最初にとりあげるのは、ファヨール(Henri Fayol)が1916年に書いた『産業な…

読書メモ:『選択の科学』(5)

『選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義』(シーナ・アイエンガー著、櫻井祐子訳、文藝春秋、2014年) ***** アイエンガーは個人主義・集団主義と関係のある要因として、「豊かさ」「人口密度」「異文化との接触」「学歴」「年齢」をあげ…

読書メモ:『選択の科学』(4)

『選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義』(シーナ・アイエンガー著、櫻井祐子訳、文藝春秋、2014年) ***** 「集団主義」の起源については、次のように書かれています。 個人主義の重視が、一般に啓蒙主義運動を単一の起源とするのに対…

読書メモ:『選択の科学』(3)

『選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義』(シーナ・アイエンガー著、櫻井祐子訳、文藝春秋、2014年) ***** 「集団主義」については、次のように書かれています。 日本などの集団主義社会に属する人々は、選択を行う際、「わたしたち」…

読書メモ:『選択の科学』(2)

『選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義』(シーナ・アイエンガー著、櫻井祐子訳、文藝春秋、2014年) ***** アイエンガーは「個人主義」の定義(言葉の意味)やルーツについて、次のように書いています。 アメリカをはじめ、個人主義志…

読書メモ:『選択の科学』(1)

『選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義』(シーナ・アイエンガー著、櫻井祐子訳、文藝春秋、2014年) ***** 今回からは『選択の科学』という本を通じて、日米の文化の違いを考えましょう。 著者のアイエンガー(Sheena S. Iyengar)は、…

読書メモ:『和をもって日本となす』(14)

『和をもって日本となす』(ロバート・ホワイティング著、玉木正之訳、角川書店、1990年) ***** この本の終わりのほうで、ホワイティングは次のように書いています。 そういう意味では、過酷ともいえるほどの春季キャンプや試合前の練習にも、それなり…

読書メモ:『和をもって日本となす』(13)

『和をもって日本となす』(ロバート・ホワイティング著、玉木正之訳、角川書店、1990年) ***** 仕事とプライベートにかかわる日米文化の違いについては、次のような例が挙げられています。 しかし、マヌエルと近鉄との蜜月も、翌年の6月までしか続か…

読書メモ:『和をもって日本となす』(12)

『和をもって日本となす』(ロバート・ホワイティング著、玉木正之訳、角川書店、1990年) ***** 「十」章は、「”天皇”が率いるチーム」と題されています。 ここで「天皇」というのは、西武ライオンズのオーナーだった堤義明氏を指します。 この章は、…

読書メモ:『和をもって日本となす』(11)

『和をもって日本となす』(ロバート・ホワイティング著、玉木正之訳、角川書店、1990年) ***** 日本の長時間労働については、次のように描かれています。 日本の若者の多くは、自分が努力家だとか協調性のある人物だというようなレッテルを貼られるこ…

読書メモ:『和をもって日本となす』(10)

『和をもって日本となす』(ロバート・ホワイティング著、玉木正之訳、角川書店、1990年) ***** 落合博満選手(当時)とともに、野球界の「新人類」として紹介されているのは、ジャイアンツの江川卓投手(当時)です。 ホワイティングは、旧世代と「新…

読書メモ:『和をもって日本となす』(9)

『和をもって日本となす』(ロバート・ホワイティング著、玉木正之訳、角川書店、1990年) ***** 「九」章では、古い日本流のやり方に反旗を翻した、新しい世代の日本人選手が紹介されています。 最初に、1980年代から活躍した落合博満選手の、次のよう…